坪単価の落とし穴

ホームへ戻る > 坪単価の落とし穴

二世帯住宅の予算について
工務店で注文住宅を建てる
間取りのフリーソフト
間取りのプラン
マンションの建替え

土地土地も購入してこれから注文住宅で夢のマイホームを建てようとする場合に、注文住宅の建築費を坪単価で説明したり、見積もり書に表示されている場合があります。この坪単価とは注文住宅などで家を建てるときの1坪当たりの建築費のことです。坪単価は家を建てる時のひとつの目安としてよく使われている業界用語です。ただ注意が必要なのは、この坪単価を延べ床面積ではなく注文住宅で計算して持ってくる場合があります。


延べ床面積と施工床面積では坪単価の金額が違ってきます。延べ床面積には玄関ポーチやベランダや小屋裏収納や地下室などは含まれません。しかし施工床面積ではそれらを含んで坪単価を計算するので、当然延べ床面積よりも施工床面積の方が広くなり、坪単価も安くなります。1坪はおよそ3.3㎡で、たとえば住宅の見積もりが3000万円で、延床面積50坪の場合は坪単価が60万円になります。ところが同じ住宅でも、施工床面積が60坪の場合は坪単価が50万円になります。

このように同じ注文住宅の坪単価が、延べ床面積と施工床面積では違ってきます。またこの場合の坪単価とは建物の本体価格のことなので、外壁や柵などの屋外設備工事費や、その他の工事費や各種税金などの諸経費なども含まれません。また建物本体の工事費なので、カーテンやエアコンなどを含まない場合が一般的です。キッチンや浴槽やトイレは普通含まれていますが、エアコンの場合は住宅会社によっても違うので確認が必要です。また長さの単位も尺モジュールとメーターモジュールがあり、同じ間取りの場合でも延べ床面積が変わってきます。